愛している人に “愛されたい” と思うこと
それは自然なこと

そして、ツインレイもまた
“愛し合う” ために出逢っています

しかし、一般的な恋愛とツインレイの関係における
愛し合うという概念には違いがあります

それは、ツインレイの愛が
愛されたいという “人間の欲望” を

手放した先に辿り着く

お互いの ”無条件の愛” を根源とした
究極の絶対愛の領域だからです

ツインレイ統合の道にある
無条件の愛や無償の愛というものは

相手をありのままに受け入れて
ただ愛するというもの

それは見返りを求める
期待も欲望も自我も超えた先に成り立つ

愛に上下も大小もない
無条件の愛が同等に行き通う関係です

ツインレイは同じ魂として
同等の愛でひとつに結ばれています

愛する人に向ける愛と
同じだけの愛で愛されることほど

幸せなことは無いでしょう

そして、私たちが自分自身に
見返りを求めることが無いように

魂の片割れとして
自分自身と同じである相手に対して

無条件の愛で結ばれているのが
ツインレイの本来の姿です

何度もお伝えしているように

ツインレイ統合のプロセスは
無条件の愛を “思い出す” ためのものです

同じ魂として、ツインレイの間には
絶対的な愛が根底に流れています

辛いサイレントの期間が何故存在するのか
その理由もここにあります

“ただ愛している” ということを
魂が思い出すために

時間と距離が必要だからです

完全なる陰陽一致の繋がりの
ツインレイの愛は

地上における究極の
愛し愛される魂の愛の世界です

2人は本当は出逢った時から “既に”
ひとつに結ばれ “愛し愛されて” いるのです

 

ツインレイ愛し愛される
トップへ戻る