岡山市スピリチュアルカウンセラー養成講座皆さんこんにちは。

本日も、津留晃一さんのお話です。

「今ここ、この瞬間」

他人のために生きるという
「考え方」を持つと、

人はそこから
思考を働かせ始めます。

「どうすればいいだろうか」と。

このとき人は、
今ではなく未来のために、

この今という瞬間を
投資し始めます。

我々人類は永い永い間、
「今」というこの瞬間を、

未来の「いつか」のために
費やし続けてきました。

どうぞ自分のために
生きて下さい。

ためらうことなく。

もう、この「今」という
かけがえのない瞬間を

未来のために
消費するのを止めてみませんか?

自分のために、
わがままに生きれば生きるほど、

あなたの肉体の中を流れる
エネルギー量が徐々に
増えていきます。

呼吸を感じてみて下さい。

あなたの吐く息、吸う息、
その呼吸とともに

あなたの肉体を流れる
エネルギーを感じてみて下さい。

もしあまり感じられないなら、
あなたはもっと
わがままになる必要があります。

「よく分からない」などという
思いは不必要です。

うまく感じられないなら、
是非もっと
わがままになってみて下さい。

あなたにはその勇気が必要です。

わがままになる事による
まわりの人との葛藤を
恐れないで下さい。

そのストレスの
処置の仕方さえ間違えなければ、

そのストレスこそが
あなたをどんどん
活性化させていくことでしょう。

わがままになれない事による
ストレスがあっても、
それを利用して下さい。

ストレスを
恐れる必要はありません。

素直に
そのストレスそのものを受け入れ、
感じてあげて下さい。

赤子のように。

ただその感情を体験して下さい。

全て、ある事を批判することなく。

咎めることを止めることです。

批判する心に気づいていて下さい。

批判には何の価値もありません。

責めないで下さい。

裁かないで下さい。

それが自分であっても、
他人であっても。

「私はもう人を裁かない」。

これをモットーにしてみて下さい。

「私はもう人を咎めない」
この言葉を繰り返し、
繰り返し唱え続けてみて下さい。

どうぞ根気よくやって下さい。

「また咎めてしまった」
などと咎めることなく。

「咎める思い」こそが
我々を今のこの心の位置に
釘付けにしている原因です。

ですから例えあなたを
咎める人がいたとしても、
その人をどうぞ咎めないで下さい。

あなたが人から
咎められることによって
ストレスを感じているとしたら、

あなたはその時、
間違いなくその人を
咎めているはずです。

どうぞ勇気を持って
このことに気づいて下さい。

それが簡単なことである
とは言いません。

ですがあなたが自分を救う道は
ここにしかないからです。

この「咎めない」という
真理を自分自身にだけ向け、

他人を裁く道具には
使わないで下さい。

あなたが「うまくいっていない」
と感じている時、

きっとあなたは
何かを咎めています。

批判しています。

それを探して下さい。

あなたの中の咎める心が、
批判する心が、

今あなたの外側に
投影されているだけなのです。

「ああすればいいのに」
という思いがわいたら
それが批判する心です。

「こうした方がいいのに」
と思った瞬間

それは裁く心の
現れであることに
気づいて下さい。

「何でそんなことをするの」、
それは正しくない
というジャッジです。

毎瞬毎瞬、
自分の下している判断に
しっかりと気づいて下さい。

そんな判断する心から
離れて下さい。

「批判は必要ないのだ」
という言葉を思い出して下さい。

「でも、こうした方が
うまくいくじゃないですか」
きっとそう思われる事でしょう。

そんな「うまくいくこと」は
無数にあるはずです。

しかし「うまくやる」
生き方から
少し離れてみて欲しいのです。

「そんなことをしたら、
みすみす失敗するじゃないか」

と反論する心が起きることも
承知で言っています。

それが必ずしも
失敗する訳ではないという事を

ぜひ身をもって
体験して欲しいからです。

良いからする、
良くないからしない、

そういう習慣は、
基本的に恐れから創られました。

恐れから始まった事は
全てあまりうまくいきません。

「いいから」とか
「よくないから」

という判断から
行動するのではなく、

全てをゆだねて
瞬間を生きてみませんか。

今したい事を
自分に許す生き方です。

後の事など考えずに・・・。

約束に
縛られてはいませんか?

「決めたのだから
やらないといけない」と、

自分で作った計画に
縛られてはいませんか?

決めたのは過去の事です。

そんな過去に
縛られる必要はありません。

突然舞い込んだ誘いの電話、

きのうした約束を
果たすことを優先させるか、

今この誘いの電話を
優先させるか。

こんな時、これまでのように

「いい」か「悪い」かによって
判断するのではなく、

その瞬間の自分の気持ちを
どうぞ優先させてみて下さい。

「この方が効率がいい」
このような効率を
優先させようとする考え方も

我々の心を比較の世界に
釘付けにします。

効率的という考え方が
どれほど我々の意識を
時間の中に閉じこめている事でしょう。

創造した者が、
創造された者の意識の中に
深く落ち込んでしまったままです。

想いによって創造する者に
効率的という発想は皆無です。

我々の意識を
この「今」という瞬間から

引き離してしまう根元が、
我々の恐れです。

そしてその恐れを起こす元が
効率追求という思考であり、
そしてもうひとつが価値観です。

「これよりも
この方が大切である」
という考えです。

「遊びより仕事の方が大切」
これが今の常識でしょう。

でも本当にそうでしょうか?

「お母さんは今これがしたいのよ、
今あなたのことには
関わっていられない。

何時までに
これをしないといけないのよ」

こんな心の葛藤を何度となく
体験しているはずです。

本当にそれはそうなのでしょうか?

「何時までにこれを
やってしまわないと」と、
決めているのは誰でしょうか?

そして「今遊んで」
とせがむ子供に

意識を向けてあげられないのは
どうしてでしょう。

「体が二つないから出来ないのよ」
と言い訳する
自分に気づいて下さい。

創造主であるあなたが
「出来ない」と

決めているのですから
出来るはずがありません。

でも「いや私は
創造主なのだから
不可能なことはない。

私は今この子を
かまってあげられるし、

やり遂げねばならないことが
他にあるとしたら
きっとそれも出来るはずだ」と、

創造主であるあなたが
決めさえすれば、

必ず両方を
満たすことが可能です。

その時必要な時間が
生みだされるからです。

こうしてあなたは、
自分が創造主であった自信を
取り戻してゆくことになります。

それが確信となり、

これまでのように
時間に縛られる生活から
離脱できるようになってきます。

大切なことは
将来のいつかではなく、
今この瞬間であることがわかります。

今、目の前に
道に迷った子猫がいたとして、

もしそのことが気に掛かるのであれば
その子猫の面倒を見て上げて下さい。

急がないと友達との
待ち合わせの時間に

間に合わない
という心配があったとしても。

遅れたらどうしようという
未来のことに
意識を向けるのではなく、

今、目の前にいる
子猫に意識を向けてみて下さい。

今したいことをして下さい。

そうしたら、本当に
先のことは心配する必要はなかった
という結果を迎えることは明らかです。

宇宙には
今この瞬間しかないのですから。

今心が満たされれば、
その結果が次の瞬間の
あなたの心を満たすからです。

今、気になる子猫を放っておいて、
友達との約束の時間に
間にあったとします。

「あー、やっぱり子猫の事なんか
放っておいて良かった。
友達との信頼関係の方が大切だ。

私は大切なモノを守ることが出来た。

やっぱり生きていくためには
多少の犠牲は付き物よ。

私には守るべき
大切なモノがある」と、

あなたはこれまで通りの
信念を強固にしてしまいます。

これまで通り、
あなたの正しさの中で
生きていくか、

それとも少し冒険をして
自分のしたいことを
自分に許してみるか、

ぜひチャレンジしてみて下さい。

それにパスしたら次がやってきます。

もっと難度の高いモノに
挑戦させられます。

あなたの中で全ての
モノの価値観が
等しくなるまで・・・。

子猫と友達という
簡単なモノでは済まされません。

「自分にはやるべき仕事がある」
こんな考え方を持っていると、

その考えを突き崩すため、
次々とその仕事に対する
邪魔が起きてきます。

あなたにはやり遂げねばならない
ことなんか何一つないからです。

あなたの目に映じている、
唯一の現実であると
錯覚をしているこの世界で、

あなたがやり遂げるべき
仕事などなにもありません。

自分の方が正しいとする心、
これが咎めの張本人です。

咎めた瞬間、
あなたは自我という

ミクロコスモスの中に
あなたの意識を閉じこめます。

その瞬間、
「今、ここ」という

真実の世界から
切り離され分離します。

自分の方が正しい
というのは妄想です。

それは誤解です。

もちろんあなたの
主張したい事は正しくて、
決して間違ってはいません。

そんなことは
聞かなくてもわかります。

あなたがあなたの宇宙の
創造主なのですから。

あなたは絶対に
間違ってはいません。

それと同じだけ
相手も正しいわけです。

ですからどちらかの方が正しい
という比較には
意味がありません。

どうぞ「自分の方が正しい」
という心から離れて下さい。

一切の咎めの心の
無くなったあなたは、

真実のマクロコスモスの中に
住み始めます。

そんなあなたに、
もうどんな心配も必要ありません。

どうぞ安心して
全てを宇宙にゆだね、

「今」という
この全宇宙とともに
にその力を享受して下さい。

「今、ここ、この瞬間」

からあなたの意識が
動かなくなったとき、

すでにあなたは
宇宙そのものである事を
知るでしょう。

今ここ、この瞬間
トップへ戻る