※この写真は、2020年秋分の日に訪れた壱岐島の女嶽にある巣食石の上空に現れた鳳凰です。(壱岐島は古事記の国生み神話にある5番目に生まれた島で神々の島と言われ、龍が息をする場所であり、小さな島の中に神社が150社あまりあります。月読神社も有名ですよね)

この2020年、秋分の日の1週間ほど前に

何故か壱岐島についてのメッセージが降りて来て、気がついたら壱岐島に到着しておりました。いつも、天の計らいとはそんな感じです。笑っ。

今まで個人的に私には、年老いた白龍さんがご守護について下さっていたのですが、(皆さんにもご守護して下さっている方が、それぞれ沢山いらっしゃいますよ)

壱岐島に訪れ、鳳凰へと変容した事、即ち女性性が開花し

自己統合(陰陽)統合したと、明確なメッセージを受け取る事が出来たのです。

鳳凰とは、女性性が完全に覚醒した後

鳳凰エネルギーとなり、龍のエネルギーは

男性性側が受け持つことになって、即ち融合されることなんですね。

今のこのタイミングで、そのメッセージを受け取っている方が沢山いらっしゃると思います。

女性性=月=陰=水瓶座の時代へと

皆さん、今まさに女性性が開花し自己統合されているのではないですか?

2020年の冬至にあたるポイントゲートに向けて、一緒に進んで行きましょうね。

もう、間もなく大きく変わっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

龍から鳳凰の時代へ
トップへ戻る