2020年12月21日

「冬至」の翌日
12月22日 3時22分には

木星と土星が「水瓶座0度」
で完全に重なる
グレートコンジャンクション
のピークに達します

今回の上弦の月は
そのグレートコンジャンクションが
起こる「水瓶座0度」
で起こります

「太陽」蠍座0度

「月」水瓶座0度で

90度の角度を形成し起こる

上弦の月となります

「太陽」蠍座は
私たちに結びつきを促します

蠍座の支配星である「冥王星」は
死と再生を司ります

「冥王星」は
太陽系外の未知なる影響力を
太陽系内に持ち込みます

外部のものを取り入れることで
私たちは新たに
生まれ変わることができます

蠍座は個を失くして
結びつくことを促します

結びついたとき
私という個は一度死にます

何かに同化する時は
自分が飲み込まれる危うさを
秘めています

これ以上進んだら
壊れてしまう変わってしまうという
恐怖心や不快さや不安を
時に感じたりします

そのとき必要になるのが

自分のぶれない中心軸です

そして

何と結びつくのか

どんな私で結びつくのかも

とても大切になります

冬至以降「水瓶座0度」の

新しい物語が始まります

だれと乗る

どこへ向かう

ゆらゆら漂うのは

もうおわしまい

確たるもの

揺るがないもの

自分の真ん中に重石を

しっかりおき

外がわは身軽で

自由にかろやかに

自分を明け渡さない

自分を見失わない

風の時代へ転換に

向けての調整

大きなエネルギーの

切り替わりポイント

「冬至」まであと2ヶ月程

となりました

ワクワクして進みましょうね

 

2020年冬至までの流れ
トップへ戻る