レムリアとは、はるか遠い過去に存在していたと言われ、優れた文化、精神性、技術を持っていた古代文化の一つです。レムリア、アトランティス、ムーは、スピリチュアルな世界では有名な文化です。

まず気になるのはその場所です。このレムリア大陸があったとされる根源になったのは、1874年にイギリスで動物学者をしていたフィリップ・スクレーターが声をあげた事から始まりました。

フィリップ・スクレーターは、マレー半島とマダガスカル島の生態系を調査した際に、その近縁に当たる原類猿に至ってはマレー半島に位置するインドネシアにのみ生息している事や、マダガスカル島にしか生息しない筈のキツネザルの化石がインドから発見された事で確信を持ちました。

そのことから『生態系から考察して5000万年以上昔に現在はインド洋を隔てているマレー半島とマダガスカル島を繋ぐ存在である大陸が存在していたのではないか』という考えを持ったのです。

因みに、この『レムリア大陸』というネーミングは、仮の説を考えるきっかけとなったキツネザルのネーミングから取っています。

生態系という証拠もあり、この仮説が立てられた最初の頃は、『事実はレムリア大陸があった』という説を支持する者、更には『陸橋説』も唱えられており、非常に大陸が存在していたという側が有力でした。

また、1912年に気象学者のアルフレート・ヴェーゲナーが考えた『大陸移動説』が1968年にプレートテクトニクス理論の締結によって裏付けされてしまった為に、1950年代大陸移動説が有力となり、『レムリア大陸』は本当に幻影の大陸と言われるようになったのです。

 

レムリア大陸
トップへ戻る